趣旨

計測自動制御学会関西支部とシステム制御情報学会は,若手研究者・技術者の研究活動の促進と相互交流を図るため,これまで共同で若手研究発表会を開催してきました.昨年度は,それぞれの研究活動の促進だけでなく,研究者・技術者の間のネットワーク構築および深化を図ることを目的として,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会シンポジウムを企画しました.本年度もこれまで同様,研究者・技術者の研究活動の促進と相互交流を図るために,シンポジウムを企画しました.なお,新型コロナウイルス感染症の影響に伴う措置として,本年度のシンポジウムはWeb会議システムZoomを利用しての開催といたしました.研究発表は,未完成のものでも構いません.シンポジウムでの議論を通して,新たな視点が開けるかもしれません.学生の皆さんには,年度末に向けての中間発表会として,研究の進展に役立つことと期待しております.オンラインでの開催ではありますが,多数の方々に奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます.

主催

計測自動制御学会関西支部
システム制御情報学会

開催案内

日時

2021年1月8日(金)

場所

オンライン(Web会議システムZoomを利用)

プログラム

準備中

発表に際しての注意

  • 研究発表はすべて,Zoomオンライン形式でのオーラル発表です.
  • 1件あたり,発表10分+質疑(入替込み)5分を予定しております.

特別講演

  • 講師:貝原 俊也 氏(神戸大学 大学院システム情報学研究科 教授)
  • 講演題目:超スマート社会とシステムズアプローチ
  • 講演概要:日本の科学技術が目指す超スマート社会とはどのようなものなのだろうか.また,この実現には,どのような研究開発が必要となるのであろうか.本講演では,これらの問いに対するシステムズアプローチからの接近について紹介をおこなう.

スケジュール

  • 原稿提出 締切: 2020年12月21日(月)13時00分00秒(日本標準時) ※延長なし
  • 事前参加登録 締切: 2021年1月4日(月)13時00分00秒(日本標準時) ※延長なし

参加登録

参加費

会員 学生会員・准会員 会員外 学生会員外
2,000円 無料 2,500円 1,000円

  • 参加費にはオンライン版講演予稿集へのアクセス権が含まれています.
  • 講演料は無料です.
  • 上記の料金は消費税が含まれた金額です.
  • 学生会員・准会員の参加費を無料といたしました.本年度特例の学生会員・准会員向けのサービスとなりますので,奮ってご参加ください.
  • お支払いは,事前参加登録の締切2021年1月4日(月)13時00分00秒(日本標準時)までにお願いします.
  • 請求書払いには対応しておりません.ご了承下さい.
  • オンライン開催のため,当日参加登録はございません.事前参加登録のみとなっておりますのでご注意ください.
◎キャンセルポリシー
  • 振込後のキャンセルは12月23日(水)13時00分00秒(日本標準時)までとします.
    ⇒キャンセルの際には、振込手数料を除いた実費を返金します.
    ※発表者は,参加費が無料の場合であっても,必ず参加登録をお願いします.
  • 期日以降のキャンセルについては対応致しかねます.ご了承ください.

振込先

【ゆうちょ銀行もしくは郵便局で手続きする場合はこちら】

  • ゆうちょ総合口座(旧ぱるる口座)
  • 記号・番号:14320-35092611
  • 口座名義:公益社団法人 計測自動制御学会 関西支部
【別の銀行等の金融機関から、ゆうちょ口座へ振り込む場合はこちら】
  • 銀行名:ゆうちょ銀行
  • 支店名:四三八(ヨンサンハチ)
  • 口座種類:普通預金
  • 口座番号:3509261
  • 口座名義:シヤ)ケイソクジドウセイギョガッカイ カンサイシブ
振込依頼人名として参加登録者の氏名をご記入いただきますようご協力をお願いいたします.

事前参加申し込み

こちら」からお申し込みください.
(SICE部門行事申込みCGI一覧表の右側にある「参加申込み」からお申し込みください)
◎注意事項 
使用しているシステムの都合上,「請求書の要否」,「公費・私費の区分」欄があります.請求書払いには対応しておりませんので,「請求書の要否」欄は不要を,「公費・私費の区分」欄は私費を選択ください.

講演募集

募集分野

計測自動制御学会およびシステム制御情報学会が対象とする分野.
たとえば,計測,制御,システム,情報に関連する分野など.

講演申込み締切

2020年11月2日(月)13時00分00秒(日本標準時) ※延長なし

講演申し込み

講演申込は終了いたしました.

優秀発表賞

すべての発表の中から優れた発表者に対して優秀発表賞が授与されます.

計測自動制御学会関西支部 支部長賞募集

SICE関西支部では,関西地区における計測自動制御関連分野の学術・技術の発展に資するとともに, 研究者・技術者を奨励することを目的として支部長賞を設けております. 本若手研究発表会の発表も支部長賞の対象となっています.
詳細は 「こちら」をご覧ください.

計測自動制御学会学術奨励賞(研究奨励賞,技術奨励賞)

計測自動制御学会の若手会員の方は,計測自動制御学会学術奨励賞に応募することができます. 審査対象となる資格者は以下の通りです.

  • 計測自動制御学会の会員,または入会申込中であること
  • 研究奨励賞は発表時に30歳以下,技術奨励賞は発表時に35歳以下であること
  • 過去に研究奨励賞または技術奨励賞のいずれかの受賞経験がないこと
詳細は「SICE学会賞規定」をご覧ください.
申請方法:「SICE学術奨励賞申込ページ」から, 別途申請してください.なお申請締切は,2020年12月21日(月)13時00分00秒(日本標準時)となります.

講演原稿

原稿スタイル

  • A4判2ページ以内
  • 原稿の見本およびLaTeXのスタイルファイルは「こちら」からダウンロードしてください.
  • PDF作成の際には,必ずフォントを埋め込むようにしてください.
  • 埋め込まれていないフォントならびに不鮮明な画像等に関する不具合につきましては, 実行委員会ではチェック,修正は致しません.

原稿提出締切

2020年12月21日(月)13時00分00秒 (日本標準時) ※延長なし

原稿提出先

原稿受付サイト」から原稿を投稿してください.
(上の「原稿受付サイト」をクリックするとDropbox経由でファイルの送信を行うことができます.Dropboxのアカウントは必要ありません.)

もし上のリンクから原稿をアップロードできない場合はメールで原稿を送付してください.
送り先:予稿集担当 若生 将史(神戸大学)/ wakaiki[at]ruby.kobe-u.ac.jp
※ [at] を @ に変更してください.

  • 原稿のファイル形式はPDFにしてください.WordファイルやTeXファイルをアップロード/送付しないでください.
  • ファイル名には,第一著者の氏名をローマ字でつけてください.
    例えば,第一著者の氏名が"Kansai Taro"の場合,ファイル名は"Kansai_Taro.pdf"としてください.
  • 原稿アップロード後の修正の要望には基本的に応じられません.
  • メールで送付される場合はsubjectを「SICE関西支部・ISCIEシンポジウム原稿」としてください. また,メールの本文に「著者(所属) ,題目」を明記してください.

実行委員会

委員長:
遠藤 孝浩(京都大学)

副委員長:
青井 伸也(京都大学)

委員:
沖村 祐亮(川崎重工業(株)),上村 祥平((株)神戸製鋼所),
若生 将史(神戸大学),西岡 靖貴(滋賀県立大学),金田 さやか(大阪府立大)

運営委員:
渡辺 泰久(オムロン(株))

お問い合わせ先:
遠藤 孝浩(京都大学)/ endo[at]me.kyoto-u.ac.jp
※ [at] を @ に変更してください.