グループ研究会

計測自動制御学会中国支部では,支部会員の研究活動を活発にし、支部会員相互の交流を促進するため,グループ研究会に対する助成制度を設けています.

以下の助成申請書(Wordもしくはpdf)に必要事項を記入・押印後,支部事務局へ郵送して下さい.また,電子ファイル(Word,押印無)Eメールにて支部事務局へ送信して下さい.申請締切は,毎年1025です.

※平成30年度より,助成を受けたグループ研究会には支部学術講演会でご発表いただいております.

グループ研究会助成申請書(Word
グループ研究会助成申請書(pdf

詳しくは,グループ研究会助成規約をご覧下さい.


2021年度 計測自動制御学会中国支部 グループ研究会

名称 活動内容 代表者
インテリジェントロボット研究会 自律移動ロボットの製作,実機ロボットに適用する自律・適応的ロボットの行動獲得に関する情報交換と意見交換を行う.ロボットのカメラ・センサ装置,実験環境の構築,人工知能に関するアルゴリズムや計算機シミュレーション研究に関する調査研究のための会議・オンラインミーティング等を年に3回程度行うことを予定している. 伍賀 正典
(
福山大学)
福山地区グループ研究会 最近の研究成果や話題に関する講演発表や討論を通して,福山地区の大学,研究所,企業などの研究の発展に寄与し,お互いの交流を深める場とする. 沖 俊任
(
福山大学)

 

 


過去のグループ研究会