おしらせ

第30回計測自動制御学会中国支部学術講演会を下記の要領で開催いたします.

更新状況
  • 2021/07/21 ホームページ開設
  • 2021/08/10 参加申込・講演申込の受付を開始
  • 2021/09/06 参加申込みの締切延長,参加費の支払い方法について更新
  • 2021/09/09 講演申込締め切りを9/17まで延長しました
  • 2021/09/17 講演申込締め切りを9/29(水)まで延長しました
  • 2021/09/17 原稿提出の締め切りを10/22(金)まで延長しました

聴講・発表要領

  • 昨年度の第29回学術講演会と同様の形式を予定しています.詳細は後日公開します.

講演申込

参加資格
参加資格に制限はありませんが,計測自動制御学会会員としての参加を歓迎します.
入会申込はこちらから
講演内容
計測・制御・システム・情報に関連のある研究・開発・技術報告とします.

講演申込方法
  1. 参加申込(講演申込のためには参加申込が事前に必要になっています)
  2. 講演申込(9月29日締切)
  3. 原稿提出(10月22日締切)
  4. 参加費振込(11月19日締切)
論文集について
※ 論文集は講演会当日に公開の予定です. 特許出願は学術講演会前日までに済ませておくことを推奨いたします.

表彰について
会員の育成と本学会の発展を目的として, 優れた講演発表に対し表彰を行います. 表彰は,優秀賞(3件),奨励賞(7件),技術賞(1件)です. なお,審査対象者は,講演申込時に登録した登壇者で, かつ SICE(正/学生)会員である方(申請中を含む)に限ります.

原稿執筆要領

原稿形式
PDFのみの電子投稿方式.原稿の長さはA4版2ページとします.
LaTeX のスタイルファイル (漢字コード:UTF-8)
LaTeX スタイルファイルの使用例(LaTex2e)(漢字コード:UTF-8)
LaTeX のスタイルファイルの使用例(LaTeX2.09)(漢字コード:UTF-8)
MS-word形式のサンプルファイル
原稿提出方法
講演申込サイトにて,pdfファイルをアップロードしてください.

原稿提出締切
2021 年10月22日(金)
発表要領
発表10分,質疑応答5分(計15分)

ページのトップ へ戻る

参加申込


参加申込方法
  1. 参加申込(オンラインでの開催に伴い,事前の申込が必要になります.)
  2. 参加費振込(11月19日締切)
参加申込締切
2021年11月19日(金)(有料参加者の当日参加はありません.御注意ください.)
2021年11月26日(金)(無料参加:学生・聴講のみ論文集無し)

ページのトップ へ戻る

参加費・投稿料

一覧:

学生
(会員,非会員)
正会員
非会員
発表者
(論文集含む)
4,000円
7,000円
8,000円
参加者
(聴講のみ,論文集含む)
2,000円
5,000円
6,000円
参加者
(聴講のみ,論文集含まない)
無料

参加費の支払い方法:
オンライン開催のため,予め参加費をお支払い頂く必要があります.
参加費は,下記「振込みの際の注意事項」を参照後に,11月19日までに以下の口座に振込みをお願いします.
  • 領収書・出席証明について
    • 参加費の領収書および出席証明は,参加申込の際の参加登録番号とパスワードで当日以降アクセスできるようになります.
  • 口座情報:
    • 銀行名:広島銀行 西条支店 普通口座3648621
    • 名義:タオカコンベンションシステム(カ (田岡コンベンション・システム(株))
  •  振込みの際の注意事項
    1. 参加登録番号を振込み人のお名前の先頭に追記してください.
    2. もし,複数の費用をまとめる場合には,すべての番号と代表者のお名前を記入してください.しかし、すべてを書くことができない場合は,振込み後に,メールにて内訳等をご連絡ください.
    3. 振込みを所属機関に依頼される場合,その旨をメールにてお知らせください.多くの場合,振込み人が所属機関名となり,参加者を特定できないことがあるからです.
    4. 振込確認の連絡を,支払期限(11月19日)後の11月24日頃に,参加者の皆様へ行います.
    5. 参加費の振込後は,原則,返金できません.
    6. 領収書および出席証明書が開催日以降にシステム上で表示されますので,ご活用ください.
    7. 留学生がゆうちょ銀行の口座の振込みをした場合は、高い手数料がかかる場合があるので、そうならないことを確認の上、振り込んでください(海外の銀行を使う場合も同様な事があり得ます)。または、ゆうちょ銀行以外の国内銀行だと、口座がなくてもATMで振込みができる場合がありますので、そのような銀行を利用してください。
  • 領収書および出席証明書(11月26日以降に利用可能):以下のサイトにて,参加登録番号とPWで認証することにより,領収書および出席証明を印刷することができます.


併設行事:企業セッション

計測自動制御を学ぶ中国地方の学生に,制御系エンジニアの活躍の場や求める能力,製品における計測制御技術の実際などを,企業様よりご紹介いただく企業セッションを設ける予定です.


問合せ先

計測自動制御学会中国支部事務局
Tel: 0852-32-6483
E-mail: tuzuki(at)ecs.shimane-u.a.jp
(at)を@に置き換えてご利用ください.

実行委員会

吉田 和信 (島根大学総合理工学部・教授)
総務・会計担当当 都築 卓有規 (島根大学総合理工学部・助教)
運営委員会担当 都築 卓有規 (島根大学総合理工学部・助教)
投稿システム担当 都築 卓有規 (島根大学総合理工学部・助教)