システム工学の進化・深化

 

主催:公益社団法人計測自動制御学会 システム・情報部門
共催:一般社団法人情報処理学会 知能システム研究会
企画:公益社団法人計測自動制御学会 システム・情報部門 システム工学部会


 人工知能,機械学習技術の進歩は止まず,実社会への応用が次々と行われています.スマート社会の実現に向けたシステム工学の果たす役割も大きく,様々な分野と融合を通した新たな展開への期待が増しています.今なお続くコロナ禍において社会生活は変容し,新たな課題も顕在化しました.その中で,既存のシステム・問題解決手法が強化されるとともに新たに様々なものが誕生しています.本研究会では,これまでの異分野融合・分野横断によるシステム工学の深化を目指し,今年度も,萌芽的な研究を含む様々な分野からの講演を広く募集いたします.
 今回の研究会は,一般社団法人情報処理学会知能システム研究会との共催という形で開催いたします.両会の連携による共創が始まる場にぜひご参集ください.

 

日程

システム工学部会研究会:2023 年 3 月 5 日(日)

会場

ハイブリッド開催 (福山大学 社会連携推進センター,Zoom)

申込方法

参加・講演申込ともに,計測自動制御学会の CGI 申込ページで受け付けます.

https://www.sice.or.jp/bukai_web_appli/sindex.html

講演時間  1 件 25 分(発表 15 分,質疑応答 10 分)
講演申込締切

 2023 年 2 月 9 日(木)

※ 講演タイトル(和,英)を投稿して下さい.アブストラクトは不要です.

※ 別途,参加申し込みが必要です

講演原稿

A4 サイズ 1 ページ以上,上限なし(8~10 ページ程度までを推奨,フォント埋め込み PDF 形式)

※原稿のフォーマットは SSI2022 に準拠します.
 下記のページよりテンプレートをダウンロードしてください.
  https://ssi2022.sice.or.jp/cfp.php

※著作権は両学会の共有となります.情報処理学会の情報学広場へも論文は掲載されます.

原稿提出締切

2023 年 2 月 16 日(木)

※ PDF 原稿を yasuda@eng.u-toyama.ac.jp 宛にご送付ください.
※ 5MB以下推奨.ファイルサイズが15MBを超過する場合はファイル転送サービス等を利用し,そのリンクをメールでご連絡ください.
※ 件名は必ず「第65回システム工学部会研究会原稿提出」としてください. 

参加申込締切

2023 年 2 月 23 日(木)

※ 講演者も別途参加申し込みが必要です.

参加費

5,000 円(学生 3,000 円)

※ 複数の演題を発表の場合,2件目以降 1 件ごとに +5,000 円
※ 全て税込

参加当日までに,下記の口座への銀行振込でお支払い下さい.

─────────────────────────────
みずほ銀行 本郷支店
口座番号: 普通預金 1967063
名義: 公益社団法人計測自動制御学会

カタカナの振込先名義人(ネットバンキング用)
シヤ)ケイソクジドウセイギヨガツカイ
─────────────────────────────

※参加申込ページでは仕様上,請求書の要否をお尋ねしていますが,
 請求書払いと請求書の発行はございませんので,ご了承下さい.

懇親会

なし

プログラム

準備中

講演論文集

 第65回システム工学部会研究会講演資料集(参加者のみパスワードをお知らせします)

学術奨励賞

本研究会でご講演いただいた発表は、学術奨励賞の審査対象となります。
(講演申込時に申請が必要です。)

賞の詳細についてはこちらをご覧ください

実行委員会

実行委員長:保田 俊行(富山大学,システム工学部会主査)

実行委員:伍賀 正典(福山大学,システム工学部会幹事)

     早川 智洋(富山大学,システム工学部会副幹事)

問合せ先

富山大学 保田 俊行(システム工学部会主査)

E-mail:yasuda@eng.u-toyama.ac.jp

学会事務局

計測自動制御学会 事務局 部門協議会担当係

電話:03-3292-0314,FAX:03-3292-3145,E-mail:bumon@sice.or.jp

CFP

こちらからご覧下さい(PDF 形式)